小田原発、ライフスタイルを考えるメディア

移住

2024.07.02

平日・在宅勤務の日 30代後半ワーママの朝のルーティン【ワーママRさん】

自己紹介

小田原市在住、30代後半のワーママRです。                            
結婚後、夫の仕事の関係で2020年に小田原へ引っ越してきました。                            
とはいえ、私も夫も今まで小田原には縁がなく、ほとんど前情報がない中で小田原に引っ越してきました(笑)                            
また私は東京の会社に勤めているため、引越しと同時に新幹線通勤となりました。                            
「オダワラボ」では、新幹線通勤の様子や、小田原での子育てについて、30代後半のワーママ目線でレポートできればと思います!                            
移住を検討されている方の参考になれば幸いです。    

在宅勤務の日のルーティン

コロナ以降、在宅勤務の日がある会社も増えてきているのではないでしょうか。
通勤がない分、時間を効率的に使えるのでワーママには本当に助かります。
また、生まれた余裕で生活を充実させたいのも正直なところかと思います。

小田原に移住した30代後半のワーママ目線で、小田原で過ごす在宅勤務の日をタイムライン形式でレポートしていこうと思います。

7:00ごろ
大急ぎで準備
我が家は、パパが朝早く出勤してしまうので、私と娘(3歳)は7時に起床します。
朝は機嫌の悪い娘に全ての支度をイヤイヤされつつ高速で支度をします。もっと早く起きた方が落ち着いて支度できるのでは?というご指摘が入りそうなんですが、早く起きて時間に余裕があると子供が遊びに熱中してしまい保育園に行けなくなってしまうため、いずれにせよ支度時間に余裕は生まれません(苦笑)
8:00ごろ
保育園に出発!
娘にまだ家で遊びたいとか、テレビを見たいとか言われつつ、なんとか家を出発します。我が家は保育園まで徒歩ですが、家からの距離によってママチャリで登園される方も多いですね。小田原の保育園は比較的駐車場も整備されている印象で、車で送迎される方も多くいらっしゃいます。

すれ違うご近所さんに挨拶しながら保育園に向かいます。
我が家は自治会に入っていることもあり、ご近所さんに会うと多少立ち話したり、子供に声をかけていただいたりします。ご近所さんの顔が見える感覚は、小田原に引っ越してきて新鮮に感じています。また、子供の成長を見守っていただけているのも、嬉しくなりますね。

我が家は海に近いこともあり、登園中に潮風を感じることもあります。平日朝はバタバタとしがちなのですが、子供と歩いて保育園に向かうまでの時間が癒しの時間にもなっています。

また帰り道に景色のいいスポットに寄ったり、美味しいパン屋さんで翌朝用にパンを買ったりして帰るのも楽しみです。

8:30
自宅に戻る
子供は可愛いのですが、家で1人になるとほっと一息つけるのは、あるあるですよね(笑)
片付けや簡単に家事を済ませます。(もちろんぼーっと過ごしてしまうことも笑)
気が向けば肩こり腰痛防止のために、ストレッチもします。30代後半になり健康の重要性を再認識しております。
9:30
業務開始
忙しさにもよりますが、9時前後に業務を開始します。メールチェック、企画の検討、オンラインミーティングなど、一瞬で時が過ぎます。
お昼
昼食がてら近所のカフェへ。そのまま仕事
オンラインミーティングがない時間は、近所のカフェで仕事をすることもあります。よく行くカフェの店員さんとは顔見知りのため、世間話をしたり新メニューを味見させてもらったりすることもあり、居心地の良さを感じます。
夕方
オンラインミーティングの前に自宅に戻る。
やはり会議は自宅が落ち着くので、自宅に戻ります。
17:00
業務終了してお迎えに行きます!
頭の中は半分仕事のまま、時間が迫ってくるのでお迎えに行きます(笑) 我が家は夫がお迎えに行ってくれる日も多く、夫がお迎えに行ってくれた日は落ち着いて夕食の準備ができます(感謝)

夕方以降は、前回の記事である、
平日・新幹線通勤の日 30代後半ワーママの朝のルーティン【ワーママRさん】をご覧ください。

ワーママにとって、平日は朝から晩まで時間・己の精神力との戦いかと思いますが(笑)
小田原生活で少し心と時間の余裕が生まれそうなイメージがつきましたでしょうか?
移住をご検討されている皆様のお役に立てれば幸いです。

また、今後も小田原に移住した30代後半ワーママの生活スタイルをお届けしていければと思います。

この記事を書いた人

ワーママR
30代後半、3歳の娘が1人
都内IT企業に勤務

結婚後、夫の仕事の関係で小田原へ引っ越し
小田原の利便性と程よいのんびり感が気に入っている

instagram@odawara_mama_sanpo

関連リンク

ページトップ