小田原市

小田原発、ライフスタイルを考えるメディア

小田原のあれこれ

東京から30分に、海・川・里・森・街がオールインワン

小田原は、戦国時代に後北条氏の「城下町」として発展し、江戸時代には東海道屈指の「宿場町」として栄え、明治・大正時代には政財界人や文化人たちの「別荘、居住地」として愛されてきた、神奈川県西地域の中心都市です。
鉄道5社6路線が乗り入れ、市内には18もの駅があり、新幹線を使えば、東京から約30分で、海・川・里・森・街 すべての機能がオールインワンでコンパクトに揃うまちです。
オールインワン

  • 小田原市は人口約19万人のまちです。
  • 面積は113.60平方キロメートルで、面積の約4割が森林です。
  • 森・海 の風景が半径3キロ、車で10分の移動圏内に。
    *小田原駅から森まで車で10分(4.1km )、海まで車で5分(1.4km)
  • 西部は箱根連山につながる山地、東部は曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯
  • 市の中央には酒匂川が南北に流れて足柄平野を形成しています。大きさは足柄平野全体で山手線の内側の面積と同じぐらいです。市内は平坦な道が多く、自転車で移動可能です。
  • 南には海産生物の宝庫・日本三大深湾の一つ相模湾があります。
    *魚種約1000種。日本の日本全体の約4割の魚種
  • 一年を通して気候は温暖(*1)ですが、夏は東京より涼しく(*2)、雪はあまり降りません。
    *1)2020年平均気温 16.2度
    *2)2020年8月の平均気温 小田原:28.2度 東京:29.1度
  • これらの環境が生活の快適さだけでなく、梅やみかんをはじめとした多くの農産物の成長を支えています。
空撮

 
 
 

抜群の交通アクセス

鉄道5社6路線が乗り入れ、市内には18もの駅があり、様々な場所にアクセスがしやすいです。
小田原厚木道路や東名高速道路も使用できます。
箱根・伊豆といった観光地にすぐ行くことができることも魅力です。
小田原駅

東京から

東京駅


小田原駅
  • 35分/JR東海道新幹線
  • 80分/JR東海道本線
新宿駅


小田原駅
  • 70分/小田急小田原線 特急ロマンスカー
  • 90分/小田急小田原線 快速急行
東京IC


小田原東IC
  • 60分/ 東名高速道路→小田原厚木道路

周辺のまちを楽しむこともできる

小田原駅


箱根湯本駅
  • 15分/箱根登山鉄道
小田原駅


熱海駅
  • 25分/JR東海道本線
小田原駅


江ノ島駅
  • 50分/JR東海道本線→江ノ島電鉄

カラフルで文化と歴史を感じられる街並み

写真に収めたくなるカラフルな街並みを楽しむことができます。
難攻不落の城「小田原城」をはじめとした戦国・江戸時代の文化だけでなく、別荘地として栄えた明治・大正時代の文化も楽しむことができます。
また、梅や桜や紅葉など、季節によって変わっていく風光明媚な景色も魅力の一つです。
小田原城
桜
紅葉

 

様々な「食」文化

恵まれた自然環境からつくられる、バラエティ豊かな食材に巡り合えます。
柑橘類、梅、オリーブ、たまねぎ、お米、相模湾の種類豊富な魚
そしてそれらを加工した、お酒やスイーツや蒲鉾、揚げ物、おでんなど。
四季折々の新鮮な食材を安価で楽しむことができます。
みかん
魚
かまぼこ

魅力的な人がたくさんいます!

小田原に移住した人、活躍している人の1分動画です!
小田原にどんな人がいるのか、ロケ撮影地マップと合わせてご覧ください!
sugi

広い公園や気軽に使える公共施設も!子育て世代がよく使う施設

自然を活かした広い公園や、子育て支援施設、図書館など、子育て世代の強い味方になる施設がたくさんあります。

図書館

いこいの森
フラワーガーデン
駅前

医療や災害対策について

防災ハザードマップ等はこちら

病院等の情報はこちら